• 2019.07-16 / 未分類

    税務署からのお尋ね

    平成25年7月以降、税務署から大家さんへのお尋ね

    (「決算書(収支内訳書)の内容についてのお尋ね」や「不動産の利用状況についてのお尋ね」など)として文書照会が送られてくるケースが増えています。

    今まで通りの確定申告をしていても、このような通知が来て戸惑う大家さんもいらしゃるでしょう。なぜ?と  なぜこのような通知が来るかといえば大家さんの確定申告がその他の事業をされている方よりも特殊なケースが多いからです。また、大家さん仲間から間違った(税務上のことです。)申告をして問題なかったということを聞いたからその間違った処理での申告をする方もいます。ただし、そのケースはたまたまです。

    ちなみに言いますとこのお尋ねは調査ではなく、行政指導といいます。どう違うかといいますと調査は拒否できませんが、行政指導には従わなくても構いません。法律も以下の通りです。

     

    (行政指導の一般原則)

    第32条 行政指導にあっては、行政指導に携わる者は、いやしくも当該行政機関の任務又は所掌事務の範囲を逸脱してはならないこと及び行政指導の内容があくまでも相手方の任意の協力によってのみ実現されるものであることに留意しなければならない。

    2 行政指導に携わる者は、その相手方が行政指導に従わなかったことを理由として、不利益な取扱いをしてはならない。

     

    とはいえ、税務署側が疑問をもっているのに回答しないと調査に移ってしまうこともあります。よって、適切に回答したほうが得策と考えます。顧問税理士がいるなら、お任せしたほうがいいでしょう。収入、経費とも適切な申告をしておかないと、あるいは適切にその費用の内容を説明できるようにしておかないといけません。(説明できたとしても、税務上適切かどうかを調査官がどう判断するか分かりませんが、、、)

     

    そのような不安をお持ちの方はぜひご相談ください。

  • 2019.05-24 / 未分類

    節税のやりすぎは問題ですか?

    不動産賃貸業を営むオーナー様の中には、やはり税金が少ない方がいいと考える方も多いです。

    しかも我々も節税のアドバイスをする以上、ある程度は税金を少なくする方法を検討します。

    ただし、しっかりと毎年儲けを出し続けている方というのは、納めるべき税金は納めています。

    つまり、納めるべきは納めしっかり本業の利益を出しています。

    税金のみに焦点をあてると本業が行き詰まることもあります。また、不動産賃貸業のオーナー様の中には

    銀行融資を検討している方もいらっしゃるでしょう!その場合納める税金が少なすぎると希望の融資額を引き出せなくなることもあります。

    そういうことがないよう、納めるべきは納めることとし、将来を見据えて事業に邁進するすることが大切だと考えます。

  • 2019.05-10 / 未分類

    不動産に関する税金

    不動産オーナーにとっては、確定申告が終わり、所得税も支払終わってホッとしているところでしょう。しかし、春は税金の納付書が多く届く時期です。

    固定資産税(地域によって4月、5月)、自動車税、国民健康保険、6月には住民税と立て続けに納付書が届きます。

    毎年のことですので、長年オーナーをされている方には問題ないことでしょうが、初めての方は驚いた方も多いでしょう。また、確定申告にて税金を抑えようとして経費つまりお金を使いすぎた人が失敗することが多くなります。節税も大切ですが、しっかり必要なお金は残しておきましょう!

    お金の流れと税金計算上の利益は計算が異なります。詳細は理解できなくても大まかにどのように計算していくのかこの時期に学ぶことは必要ではないでしょうか。また、顧問税理士にお願いして計算方法は把握しておいた方が今後失敗する可能性は低くなるでしょう。

    成功するかどうかは個人個人の属性等大きく異なりますが、失敗した方々から学ぶことが必要です。

    失敗した方の多くはお金を使いすぎています。節税という名の散財をしていることが多いのです。節税は必要なことですが、やりすぎてしまうとお金が必要以上に減ってしまいます。

    失敗しない方法を学べば成功への道は開けることもあります。

    1年間のお金の流れというのをしっかり頭において自身の目標を達成していきましょう!!

  • 2019.03-15 / 未分類

    確定申告の最終日です。

    本日が確定申告の最終日となります。皆様無事申告終わりましたでしょうか?まだの方、すでに申告は終わり、今年の目標に向けて、行動している方。。。申告が終わり、ホッとしてゆっくりしている方。。。

    様々いらっしゃることでしょう。

    事業を成功させている方に共通していることの一つは、申告もそうですがそれだけでなく行動が早いということがあります。行動が早い→決断が早いともつながるのではないかと考えます。不動産の購入も物件紹介があったときにいかに素早く返事ができるかが成功への第1歩となります。

    性格だからと言わず、申告についても経費削減で税理士に頼まないかたもいらっしゃることでしょう。ですが、丸投げで税理士に任せようが、自分である程度作成した後に税理士に任せるかは、ご自身の判断でしょう。

    つまり、自分で苦手だと思っているならば、早急に判断して任せる。この判断が素早くできる方も成功される方が多いです。

    不動産投資でなく不動産経営と捉えるならば、個人・法人に関わらず・また規模の大小に関わらず、税理士に任せてご自身は自分の得意なこと、不動産の購入に専念できる体制づくりが必要なのではないでしょうか。

    その結果、成功し、望む人生を達成することが一番大切なのではないでしょうか。

  • 2018.12-20 / 未分類

    税金ってどう計算するの?

    今の時期になると確定申告が近づいてきて、税金どうしようという方も増えているかとも思います。

    税金は、利益(儲け)に対してかかります。利益は、収入から経費を差し引いて計算します。

    まず、収入は不動産賃貸業で言えば、家賃収入・礼金収入・敷き引き等があります。税金計算上の収入は、実際に入金のあった金額だけではなく、収入すべき金額です。つまり、滞納家賃があればその金額も収入計上しないといけません。また、前年の滞納家賃を今年に収入したとしてもその金額は今年の収入にはなりません。     滞納家賃はきっちり把握しないといけませんね。

    次に経費ですが、こちらも考え方は収入と同じです。実際に支払った経費だけでなく、例えばカード支払した経費も使った日付が年内であれば、経費計上して問題ありません。                      経費で問題なのはどこまで経費として認められるのか?というところが、皆さんの疑問となるかと思います。  まず、第一に直接の経費である固定資産税・不動産取得税・火災保険地震保険・修繕費・消耗品費・減価償却費・借入金の利息・賃貸契約の広告料・共用部の電気代・管理会社への管理料等あります。その他に家主の会の会費・懇親会費・電車賃・車での移動時のガソリン代・書籍購入などなどあるけど、経費にしていいの? 直接不動産賃貸業に関係しているものであれば、問題なく経費にしても構いません。

    詳細につきましては、自身の状況などを鑑みて経費計上しないといけません。銀行融資を受けたいのか、単に節税目的のみなのか。それに応じて確定申告しないといけません。しっかりと専門家の意見を仰ぎながら自身の目標を達成していきましょう!!